読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

7億円当てるまで書き続けるブログ

石油王のみなさーん! お知恵拝借!

連休一日目・リターンズ

普段で日常のアレ

晴れて復活した連休一日目は、映画を見て中華を食べたところ、一日が終わっていました。結局何かをクリエイトはしていませんが、よかったですね。

映画

ずっと前から好きでした/劇場版響けユーフォニアムの二本を観ました。

ずっと前から好きでした ~告白実行委員会~

メインキャラがそれぞれ告白をしたりしなかったりするまでの模様を描いた映画でした。

燃えカスのような人生を送ってきたので恋愛とかそういった経験が無いわけですが、そのせいか感情移入がし辛く、傍観者としての映画の見方になってしまいました。誰かを好きになる過程だとか、あるいはカップルになってなにをすればいいのかわからなくてでも二人でいるのが楽しいみたいな話だとか、そういった話が描かれていればもっと感情移入できたんですが、今回の映画はその描写がほぼほぼなく、描写があまりにも局所的に感じられてしまい、「はよ告白すればええやん」としか思えなかったのです。

たぶん、カップルで見に行くと、自分たちの告白の思い出とかを重ね合わせながら観られて、感情移入できてよいのだとおもいます。男3人で見に行く映画ではなかった。

映画「同級生」で見られたような、へたれだけど純粋で精一杯なCV神谷浩史が好きなので、そういったキャラクターを観たかったのですが、内容的には結構違ってしまいましたので、期待の仕方が違ったのかもしれないですね。

劇場版 響け!ユーフォニアム~北宇治高校吹奏楽部へようこそ~

テレビ版「響け!ユーフォニアム」の総集編映画でした。

本当に、ほぼほぼそのまま総集編でした。いくつか演奏が長くなっていたりと、追加要素がいくつかありましたが、ストーリー展開としては、テレビ版から話を抜き出して一本の映画にしている、単なる総集編です。

まず総集編としての出来が非常によかったです。駆け足になってしまっているところは仕方ないですし、いくらかのシーンが省略されているのは残念ではあるのですが、抜き出しているシーンの選択は外れておらず、きっちり筋が通ったストーリーでした。テレビ版では1クールを通して描かれていた久美子さんの変化が100分少々の短い時間に圧縮されており、その描写がテレビ版よりもむしろ際立っていたようにも思います。

で、なんといってもこの映画、映画館で観ることに大きい意義があるなと思います。一般のご家庭では真似できない映画館の音響に圧倒されるというのもそうですし、観客席からスクリーンを見ることが、吹奏楽の演奏を実際に聴きに行ったかのように感じられるのです。実際に吹奏楽の演奏を聴きに行ったことは数えるくらいしかないので、全然違うと言われてしまうかもしれませんが、この音の一つ一つが、一人一人のキャラクターが音を出して、合奏しているのだ、とより強く感じられました。自宅で観ていたテレビ版と比べると、音響の迫力も、臨場感も、緊張感も、桁違いでした。

難を言えば、エンディングが演奏だけならよかったかなあと思います。なんだか目を閉じて映画の世界に浸っていたかったのですが、歌を聴くとアニメのOPが思い出されて、テレビアニメだったという記憶が強調されてしまったように感じました。この映画は映画、テレビアニメはテレビアニメ、で、自分の中で切り分けられたらもっとよかったなあと。

しかし総じて非常によい映画でした。テレビ版の映像ほぼほぼそのままで映画館で観てもこれだけ満足できる京アニの作画、すごいなあという気持ちです。2期も、非常に楽しみですね。

中華

毎年2回、大学時代のサークルの同期10数人で集まっています。たいてい僕が幹事をやっていまして、前回はその場の勢いでお店を決めてしまって完全に失敗したのですが、今回はちゃんとお店を考えたところ成功したので、成長がありました。

f:id:kiyooka:20160503172029j:plain

f:id:kiyooka:20160503173400j:plain

f:id:kiyooka:20160503173807j:plain

エビチリやら北京ダックやらで大概満足だったのですが、幹事権限でエビチリと麻婆豆腐を追加オーダーしました。非常に気持ちがエビチリになっていたことがうかがえます。

f:id:kiyooka:20160503181716j:plain

f:id:kiyooka:20160503182709j:plain

同期の就職により集まる機会がだいぶん少なくなってしまったのですが、今後も定期的にやりたいですね。

tabelog.com